大東建託の賃貸物件やアパート経営について
大東建託の賃貸物件やアパート経営について気になること。口コミ情報や物件の評判など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託と騒音対策
騒音対策にはさまざまな方法があります。線路の近くの住宅では、窓を二重にしたりしているところもあるそうです。他にも、天井や壁に、吸音材(グラスウールボード)をはめ込み、さらに二重に吸音材を隙間なくはめ込んだり、遮音・防振マット→遮音・防振シート→鉛シート→畳マットと四重にする方法もあるようです。調べれば騒音対策というのは限りなくあるでしょう。

中でも、集合住宅で一番重要な騒音対策が二重天井構造だそうです。上の階の人の足音が毎日ドタバタ聞こえてきたら相当なストレスになってしまいますからね。この騒音対策は覚えておくといいと思います。

そこまでたくさんのことはしてないでしょうが、大東建託もそれなりの騒音対策は行っているでしょう。

もしも、騒音対策がしっかりなされていないような集合住宅に住んでしまうと大変です。隣の部屋のテレビの音まで筒抜けだったり、階段を上り下りする足音が聞こえてきて、それが夜中だったりしたらぐっすり眠れません。人間人生の5分の1は睡眠に費やしているという話を聞いたことがあります。それほど睡眠も騒音対策も大切なのです!

大東建託で物件をお探しの方は、騒音対策のことを一度営業の方にでも確認してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーサイト
大東建託の騒音対策
大東建託では騒音対策は行っているのでしょうか!?

世の中にはさまざまな騒音問題が起こっています。空港などの滑走路の近く、沖縄など基地を抱えている地域では、早朝から夜間までアメリカ軍の飛行訓練で睡眠をも妨害される騒音問題があります。また、最近では「騒音おばさん」などというのが、ニュースになっていましたよね。まぁ、ああいった騒音問題への騒音対策というのは難しいとは思いますが・・・
住宅の騒音対策というのは本当に大切です。

もちろん大東建託もそんな地域にもアパートやマンションを持っているのですから、騒音対策という課題があると思います。
そういった地域でアパートを探す方でしたら、騒音対策という条件は結構重要なポイントにおいてアパート探しをしているでしょうから、大東建託もきちんとした騒音対策をしなければならないと思います。人間、睡眠は生きていくうえで欠かせないことです。最近も何時間寝ないでいられるかというギネス挑戦がありましたが、三日目くらいから行動がおかしくなったりしていました。十分な睡眠をとるためにも騒音対策というのは本当に重要ですね。

大東建託 参考になる騒音対策
大東建託では賃貸だけでなく、建築事業も行なっています。もちろん騒音対策は欠かせません。

人は、暮らしの中で「空気音」と「固体音」の2種類の音を聞き感じています。この「2種類の音」は暮らしの中にありふれていますが、ある一定の 音の強さ(dBと表記しデシベルと読みます。)を超えると日常生活上うるさいと感じる「騒音」になります。そこで、騒音対策が必要になってくるのです。

家は言うまでもなく住まうところですから音楽スタジオと同じような騒音対策で作るわけにはいきません。
[換気]防音された部屋とは“水も漏らさぬ”程の密閉空間となります。これだと、完璧な騒音対策にはなりますが、この状態ですと空気が汚れ、長くは生活することができません。当然ながら[換気]をする必要がありますが密閉空間に一般的な換気装置を取り付けた場合に穴が開いてしまうわけですから“防音”は崩壊しています。同様に台所のレンジフードの場合は熱を伴う換気ですので更にやっかいです。
以上の問題を解決するため日本防音では特殊な換気ダクトを部屋数だけ取り付ける騒音対策で解決しております。このような換気扇やレンジフードを通じての音の侵入や排出に関しましては、音楽スタジオ作りで蓄積した豊富なノウハウを十二分に注ぎ込んでおりますので一般の住宅メーカーにはまねが出来ない騒音対策のノウハウの一つです。

大東建託の物件でも、特にひどい騒音の地域には、この騒音対策法をとりいれることも検討してみてもいいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。