大東建託の賃貸物件やアパート経営について
大東建託の賃貸物件やアパート経営について気になること。口コミ情報や物件の評判など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託と賃貸契約
大東建託では賃貸のほうもやっています。アパートの賃貸がメインですね。
住宅街から繁華街までたくさんの場所に大東建託の賃貸アパートがあります。外から見るかぎり、茶色を基調にした落ち着いた感じのおしゃれな建物が多く見られます。カントリー風でかわいいと思います。

もしも、大東建託の物件が気にって、契約するとなったときのために、一般的な賃貸契約の際にに必要なものを紹介します。
賃貸契約はそうめったにあることじゃないので、わからないことも多いと思います。
1、印鑑(本人は認印可・保証人は実印)
2、身分証明書
3、入居する人の住民票
4、収入証明書
5、保証人の印鑑証明
6、お金
・敷金 家賃の1~3ヶ月分
・礼金 家賃の0~2ヶ月分
・仲介手数料 家賃の0~1.05ヶ月分
・前家賃 家賃と公益費・駐車場費の1ヶ月分程度
・損害保険料 1~2万円程度

などが、賃貸契約時に必要となります。
参考になった方がいたらうれしく思います。
大東建託での賃貸契約はまた異なる場合もあると思いますので確認してみてください。

スポンサーサイト
大東建託の賃貸内容
大東建託では、賃貸や売買など不動産関係の仕事内容を行っています。賃貸では、ほとんどが大東建託自身でアパートを建て、それをアパート経営しています。

大東建託という会社名の由来は、大東建託創立者の多田勝美が会社を大きく見せたいという思いから大東と命名しました。建託とは、建物信託を意味する造語であり、その建物と信託の頭文字をとって、大東建託となったそうです。
たった四文字の漢字にそれだけの深い意味が隠されていたんですね。

また、大東建託が経営理念に掲げているのが、「限りある大地の最有効利用を広範囲に創造し、実践して社会に貢献する」を経営理念として掲げています。この経営理念を具現化していくため、賃貸住宅分野において、土地所有者と入居者双方のニーズを最大限に生かし、良質な賃貸住宅の供給に努めると共に、その周辺分野へも事業拡大して参ります。
 なお、事業活動に当たっては、経営の透明性・客観性を確保するため、積極的な情報公開に取り組み、株主や投資家にとっても信頼性の高い魅力ある企業を目指して参ります。
とのことです。ぜひがんばっていただきたいですね。

大東建託での賃貸
 お部屋探しには大東建託へいってみましょう。そしてこれから賃貸(お部屋探し)をする方へのポイントです。
賃貸雑誌やインターネットに多数の情報が掲載されてますが、やはり直接お店に行ってた方が、最新情報が手に入る事もあります。遠方の場合はまず大東建託へ電話やメールで問い合わせてください。
いいお部屋探し(賃貸)のための上手な条件の決め方として 大東建託では最初から条件を絞り込まない方をおすすめしています。その中から優先順位を付けて、広範囲に探していきましょう。

つぎに、賃貸する際、内見をチェックするポイントとして、大東建託ではもちろん、担当者から渡された資料と誤りがないかチェックしましょう。日当たりはもちろん、窓を全て開放して風通しも確認しましょう。そしてバルコニーに出て近隣の景色も見ておきましょう。毎日見る景色はやはり重要になります。またお部屋に取り付けてある設備(エアコン・照明など)と賃貸では自分で準備しないといけない設備も確認しましょう。大東建託だけでなく賃貸する際は、いろいろとチェックしましょう。







大東建託の賃貸事業
大東建託株式会社は、土地所有者の活用ニーズと入居者の賃貸住宅へのニーズを結びつけ、建物賃貸事業を総合的にサポートする独自の「建託システム」による事業を展開しています。この建託システムは、マンション、アパートなどの賃貸事業の企画立案から、建物の設計・施工、入居者斡旋、賃貸物件の空室時家賃保証、各種管理サービスまで一貫して行うものです。
競合他社との競争が激化するなか、大東建託でもスピードと顧客満足度の向上を重視し、業務の効率化を進めているそうです。
 設計システム課の課長、福嶋茂樹様が語られるように、大東建託株式会社様は、あらゆる業務において改善を推進されています。ITの活用もその取り組みのひとつですが、なかでも建物の設計段階の初期に実施する「土地の測量」については、8年前からペンPCを導入され、デジタル化を進めてきたそうです。

大東建託が設立されて33年、進化を続けてきたんですね。
これからも、成長し続ける大東建託の賃貸事業を楽しみにしたいと思います。

大東建託賃貸豆知識
 お部屋探し(賃貸)の事なら大東建託で決まりです。そして賃貸する際に必要な豆知識として法律についてふれます。大東建託で賃貸する以外にも必要な知識です。
 まずは賃借権(ちんしゃくけん)ですが、賃貸借契約に基づく賃借人の権利のことです。原則として賃借権は、賃貸人の承諾がないと譲渡したり転貸することはできません。
そして賃借人(ちんしゃくにん)とは、賃貸借契約の当事者の一方で、目的物を使用収益する権利を有し、その対価として、賃料を支払う義務を負うもののことです。賃借人の権利には、目的物の使用収益権、目的物の修繕・改装に要した費用の償還請求権があり、義務として目的物の保管義務、返還義務および賃料支払義務があります。
3つめに、賃貸借契約(書)(ちんたいしゃくけいやく)がありますが、 賃貸借条件を記載した書面のことです。貸主、借主、連帯保証人の間で取り交わされます。
最後に賃料(ちんりょう)について、 賃料は賃貸借契約にもとづき賃借物件の使用対価として支払われる金銭または物のことです。
大東建託は全国に多数の店舗をかまえておりますので、安心して大東建託のスタッフにお尋ねしてみてください。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。